医療脱毛の特徴

医療クリニックと脱毛サロンの違いって?それぞれのメリット・デメリットを紹介

ミミ
ミミ
あの…、そもそもクリニックとサロンって何が違うんですか?
アキノ
アキノ
あなた、そんなことも知らずにクリニックに行こうとしてたの!?

一番の違いは、脱毛クリニックは医療脱毛ということです。

医療とついていることから、医療機関でしか行うことができません。医療機関には医師が常駐している必要があるため、脱毛クリニックも同様に脱毛専門の医師や看護師が問診や施術を行ってくれます。

逆に、脱毛サロンに医師はいません。というのも、脱毛サロンは医療機関ではないため、資格を持っている人が常駐する必要はないからです。そのため、施術を担当するスタッフも、資格を持っていない人がほとんどです。

さらに、脱毛クリニックと脱毛サロンでは、使用する脱毛機も異なります。効果が高い脱毛機を使っているのは、脱毛クリニックの方です。
脱毛クリニックの方が脱毛効果が高い理由として、強力なレーザーを使えるのが医療機関しか認められていないからです。施術中に何かトラブルがあっても医師がすぐに対応できるためですね!

医師がいない脱毛サロンでは、効果が弱い光脱毛機しか使えないため、脱毛が完了する期間も脱毛クリニックに比べて長くなります。

脱毛効果を期待するなら医療脱毛がおすすめ

ミミ
ミミ
クリニックやサロンの違いを知ると、クリニックの方が良さそうですよね!でもデメリットとかないんですか?
アキノ
アキノ
もちろんメリットだけではなく、デメリットもあるわよ。

結論から言うと、脱毛をするなら効果が高い医療脱毛の方がおすすめです。先ほども少し触れましたが、脱毛クリニックは強力なレーザーを使って脱毛するので、効果がすぐに感じられ、通う回数も脱毛サロンに比べて少なくてすみます。

そもそも脱毛サロンで脱毛はできません。

「脱毛サロンなのに、脱毛できないってどういうこと?」って思いますよね!
知らない人のために簡単に説明すると、日本では医師法で、脱毛を行う行為を医師や看護師といった資格を持っている人にしか認めていません。そのため、脱毛サロンといった医師や看護師がいない場所で、脱毛を行うと罰せられてしまうのです。

では脱毛サロンって何なのか!
わかりやすく説明すると、脱毛サロンで行っている行為は、毛の成長を一時的に抑える「制毛処理」です。
脱毛ではないため、クリニックと比べると効果も遅く、毛が生えてくるスピードも早くなってしまいます。

ここまでの説明を見ると「医療脱毛の方が断然お得じゃん!」と感じる人も多いでしょう。しかし、医療脱毛にもデメリットは存在します。
わかりやすいように、医療脱毛のメリットやデメリットをまとめて紹介しますね!

医療脱毛のメリット

  • 強力なレーザーにより脱毛効果がでやすい
  • 資格を持った医師や看護師が施術するため安全だし、トラブルがあっても安心
  • 短期間で終わる

医療脱毛のメリットは、強力なレーザーにより脱毛効果がでやすく、施術期間も短くてすむことです。また、資格を持った医師や看護師が施術を担当するので安全ですし、施術中にトラブルがあっても、すぐに医師や看護師が対応してくれるため安心でもあります。

医療脱毛のデメリット

  • サロンに比べて料金が高い
  • 強力なレーザーを使用するため少し痛むことがある
  • 予約が取りにくい

医療脱毛のデメリットは、脱毛サロンに比べて料金が高いことです。全身脱毛(顔+VIOあり)で比較すると相場的に10万円〜15万円ほど脱毛クリニックの方が高くなります。また、1日の患者数を制限しているクリニックもあるため、予約が取りにくいというデメリットも!

施術については、強力なレーザーを使用するため、少し痛むことがあります。ですが、麻酔が使えるので、そこまで気にする必要はないでしょう。

HMRクリニック無料カウンセリング